アパート用地に査定変更することで
高値で売却が実現

Before

以前は草が生い茂っていた土地

After

現在はアパートが建っています

【買取事例】

千葉市中央区の遊休地の買取事例です。戸建て用地としての査定からアパート用地としての活用を提案し査定をしたことで、売主様が高額売却できたという事例を紹介します。土地の活用法を最大限模索することで、高価買取が可能になります。

アパート用地に査定変更することで
高値で売却が実現の流れ

01
Point

土地所有者の調査と連絡手続きの開始

まず始めに、車が1台だけ駐車されている状態で草が生い茂っている遊休地の所有者が誰なのかを確認する必要がありました。そのために謄本を閲覧し所有者を調査するところから始めています。そして、謄本の情報から、土地の所有者とその住所を特定しました。その後、所有者に連絡を取る手続きを開始し、所有者との連絡が取れ次第、具体的な話し合いを進めるという計画を立てました。

02
Point

所有者との交渉開始と売却意向の確認

所有者が判明し、何度かお手紙を送ると一度お話を聞きたいと連絡をいただくことができました。ご自宅まで伺いお話を聞くと、雑草などの手入れも大変になってきたので、価格によっては売却したいというご意向でした。

03
Point

戸建用地として査定するもご希望額には届かず

当初、戸建て用地として査定金額を提示させていただきました。しかし、売主様のご希望額には届かず、再度精査させていただくことになりました。土地の状態や場所、周辺環境などを詳細に調査することでアパート用地への変更を計画しました。

04
Point

アパート用地としての可能性を調査

遊休地は駅から15分の立地で、周辺の賃貸需要や賃料相場を確認したところアパート用地として活用ができると判断しました。土地の広さは50坪ということもありアパートを建築するには十分な広さでした。

05
Point

土地活用の最適化により満足のいく売買契約を達成

売主様のご希望に応えるため、土地の活用方法を最大限検討しました。周辺状況や需要を考慮し、アパート用地としての査定を提案し、査定額を上げることに成功しました。売主様にもご満足いただき、その後は、スムーズに売買契約を成立させることができました。

まとめ

土地の活用方法を見直すことで売却査定金額を柔軟に見直す手法は、当社の買取手法の1つになります。もちろん、全ての土地に適用できることはありませんが、地域性や市場性、近隣の家賃相場などを肌感覚として理解しているからこそ、売主様にも満足いただける査定金額が提案できたと自負しております。

千葉市内の不動産売却であればこのような手法も十分可能です。今回のように視点を変えることで、査定額を大幅アップさせることが可能になるのです。

お問い合わせ

地元を知り尽くした不動産のプロが
ご納得の"適正価格"で買い取りさせていただきます。

その他お問い合わせはこちらから