不動産取得税

不動産取得税とは、土地や家屋などの不動産を新たに取得した際に一度だけ課税される地方税です。

相続の場合を除き、購入、新築、贈与など取得の経緯によらず対象となります。

税額は土地や家屋の評価額に相当する課税標準額に、決まった税率を掛けて算出されます。