生産緑地制度

せいさんりょくちせいど

生産緑地制度とは、良好な都市環境の形成を図るために、市街化区域内農地の緑地としての機能を活かし、計画的に農地を保全していこうとする制度です。

高度経済成長期において生じた都市環境の悪化を防止するとともに、将来の公共施設用地としても計画的に保全していくことが必要であるとの考えに基づき整備されてきました。

関連ワード