準住居地域

じゅんじゅうきょちいき

準住居地域とは、都市計画で定められた用途地域の一つです。

道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域とするもので、住居系の用途地域の中でも制限が緩やかなエリアです。