準都市計画区域

じゅんとしけいかくくいき

準都市計画区域とは、都市計画区域外の区域において、市街化が進行すると見込まれる場合に、土地利用を規制するために設ける区域で、都道府県が指定します。

用途地域や風致地区などを定めることができ、接道の義務や建ぺい率や容積率の制限も適用されます。

しかし都市計画事業を積極的に進める地域ではなく、規制だけが適用されるような区域になります。