第二種住居地域

だいにしゅじゅうきょちいき

第二種住居地域とは、都市計画で定められた用途地域の一つです。

住宅と店舗やオフィスなどの共存を図りながら、住居の環境を保護する住宅地域で、第一種住居地域で禁止されているカラオケ店やボーリング場などの娯楽施設を建てることが可能になります。