第二種低層住居専用地域

だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき

第二種低層住居専用地域とは、都市計画で定められた用途地域の一つです。

低層住宅の良好な住環境を守るための地域で、第一種低層住居専用地域との違いは、店舗を建築できるかどうかという点になります。

ただしその用途は日用品を販売するコンビニや、理髪店や美容店、クリーニング店など限定的になります。