贈与税

ぞうよぜい

贈与税とは、贈与が成立した際に課される税金のことで、不動産購入資金の贈与を受けたときをはじめ、土地や建物などの不動産を無償で譲り受けた場合などに課税されます。

贈与税の課税方式は原則として暦年課税方式を用いることが多いのですが、相続時精算課税だと2,500万円の控除額があるため、高額の不動産の贈与の際に用いられることがあります。