相続登記

そうぞくとうき

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったときに、不動産の名義を相続人に変更する手続きのことです。

2024年4月1日から義務化され、登記がない場合は10万円以下の過料の適用対象になります。

土地や建物の所有者は法務省の登記簿で管理されるため、手続きは法務局で行います。