不動産買取メリット

仲介会社より買取会社に査定依頼する方が結局高値で売却できる話

仲介会社より買取会社の方が不動産売却時のメリットが大きいというエピソードを紹介します。

不動産売却査定を仲介会社にお願いしたが、時間がかかった挙げ句、最終的に売却価格を下げられてしまった。このようなエピソードは不動産業界では、よく耳にします。

仲介会社としては、媒介契約を取らなければ仕事になりません。ですからお客様から売却査定の相談があった場合は、一旦高値を提示してマイナス査定をするような手法を取ることが多いです。

最終的に売却までに長い時間がかかり、なおかつ売却価格も当初より大幅に減額された。不動産買取会社が提示した金額よりも手残りが少ない。

はじめから不動産買取会社に売却の相談をすればよかった。後悔する人が後を絶たない状況です。仲介会社より買取会社に不動産売却査定をする方が結局手元にお金が残った。このようなエピソードを仲介会社と買取会社の交渉を比較しながら展開していきます。

仲介会社と買取会社の査定金額を比較する

仲介会社と買取会社の査定金額の比較をする-千葉市の不動産売却なら東葉ハウジングプラザまでご相談下さい。

最初に、売主様からご相談いただいて最初に提示する不動産査定金額の違いです。

当初査定金額に500万円の開きがあった

大手仲介会社は、仲介での販売スタート価格を5,980万円に設定しました。一方、当社は直接の買取価格として5,300万円の査定を出させていただきました。

この時点で、仲介手数料(約180万円)が差し引かれますので手取り額は5,800万円です。当社の場合は直接の買取になりますので、手数料はかかりません。手取り額は5,300万円です。

当然、売主様は5,980万円で販売できると聞いて仲介会社と媒介契約を締結しました。私も心情としては納得できます。安いよりも高いに越したことはありませんから。

思うように売却先が見つからない状態が続きます

売主様の物件は、5,980万円で販売が開始されました。しかし、なかなか反響がなく5,980万円では買い手が見つかりません。

そこで販売価格を100万円下げ、200万円下げていきます。もちろん手取額も100万円、200万円と下がっていきます。

建物の解体費用が別途かかる可能性あり

仲介取引で注意しなければならない点は、建物の解体費用です。場合によっては売主負担で建物の解体を行い、更地での引き渡しも考えられます。その場合の解体費用は300万円以上かかりますので、売主の手取り金額が減ってしまうのです。

一方、当社の場合は、契約自体が現状のままで良いので最初に提示させていただいた5,500万円から下がることはありません。

手取りは下がり時間ばかりかかってしまう結果に

売却が進まないため、販売価格を下げて仲介手数料を支払い、解体費用も負担する。

手残りで考えたら、はじめから買取業者に依頼しておけばよかった。このように後悔してしまう人が多くいらっしゃいます。

買取業者は不動産のプロです。仲介業者が査定金額を高く出したとしても、その価格ではなかなか買い手が見つからないことくらい予想がつきます。

買取業者の査定金額は、そうした妥当なラインを示しているのです。

仲介会社に依頼する際は金額以外の手間や労力も考慮する

仲介会社に依頼する際は金額以外の手間や労力も考慮すること。

さらに、仲介会社より買取会社に相談するべき理由として金額以外の手間や労力の問題があります。

繰り返し行われる内見立会いが煩わしい

売りに出している不動産に興味があったとしても、最低でも一度は案内をしなければなりません。売主様は、候補者が見つかる度に日程の調整が必要になります。一度で契約に至ればいいのですが、二度、三度と繰り返される内見に、段々疲れてきます。売主様は内見の度に清掃や整理整頓をする煩わしさにうんざりしてしまいます。

基本的に土日祝の内見が基本ですが、時間帯や曜日は買主様に合わせる必要があります。時間のコントロールができない点と拘束されてしまうのが問題です。

当社の場合は、買取査定時に一度の内見で構いません。買主になりますので一度の内見で状況は全てわかります。

仲介会社に売却依頼するリスクについて考えていますか?

不動産買取専門業者ではなく仲介会社に売却依頼するリスクとは?

仲介会社が高額査定をしたとしても、それはあくまで数字上の話です。不動産が売れなければ5,980万円は0円ということになります。

ここでは不動産が売れないというリスクについて確認していきます。

仲介業者と契約を延長するか?買取業者に再び依頼するか?

専任媒介契約の契約有効期間は最長3ヶ月と業法で定められています。ですから、物件が売れなければ再度、媒介契約をして3ヶ月で売り切らなければならない。もしくは買取業者に再度査定依頼をする。このいずれかの方法で買い手を探す必要があります。

もちろん、既に売りに出していて売れなかった不動産です。買主が足元を見られる可能性もゼロではありません。次の3ヶ月で確実に売却するという覚悟をしておきましょう。

一方で、当社の場合は買取契約が確定しているため、売却できないといった心配はありません。

契約が白紙になるリスク

幸い契約まで取り付けたとしても、まだ売却できるかどうかはわかりません。それは、契約をしたものの住宅ローンが組めず契約が白紙になってしまう可能性があるからです。

通常、不動産売買契約には「(住宅)ローン特約」が特約事項として記載されています。審査が通らなければ契約は白紙になるリスクも考慮しなければなりません。

一方、当社が買取をする場合は、そういった心配はありません。確実に買い取る金額を提示していますので、売れないこともないですし、1ヶ月~1ヶ月半で不動産を現金化できます。

一般のお客様への販売の場合2年間の保証義務が付帯する

仲介業者を通じて一般のお客様に不動産を売却した場合には2年間は保証義務が付帯します。例えば、土地埋設物や建物の瑕疵担保の責任です。

また、現在故障している住宅設備や目に見える不具合があった場合は、売主の費用負担で修繕を行う必要があります。

一方で当社買取では、買主は宅建業者になりますので、これらの保証は必要ありません。手離れがよく、心理的な負担や煩わしさが一切ないのもメリットです。

また当社の場合、故障や建物不具合は一切、修繕の必要はありません。それらも査定金額に含まれています。

売却査定金額は1-2割低いが買取業者に依頼するメリットは大きい

買取業者に依頼するメリットは大きい。

仲介会社と買取会社の比較をしてみました。このモデルケースになったお客様は最終的には当社で買取をさせていただきました。

交渉スタート時の売却査定金額は1割~2割低いケースがほとんどです。しかし、最終的に手元に残る現金と肉体的、精神的負担、様々なリスクなどを考慮したらどうでしょうか。

仲介会社より買取会社に不動産売却の相談をした方が取引が成功しそうな気がしないでしょうか。

また、最近は相続が関係する売却相談が増えています。そして相続が絡む案件ではその特性上、スピード感が求められるのです。

当社に不動産売却のご相談をいただいた場合、現金化まで1ヶ月~1.5ヶ月です。一方で仲介会社に依頼すると3ヶ月~6ヶ月ほど現金化するまで時間がかかります。

不動産を早く売却したいと考えている場合は、不動産買取業者への相談一択です。

    物件情報必須

    ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

    お名前必須

    メールアドレス必須

      物件情報必須

      ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

      お名前必須

      メールアドレス必須

      あなたへのおすすめ記事