不動産相続

権利関係が複雑な不動産とは? | 相続不動産問題を解決する

権利関係が複雑な不動産の相続には様々な問題を解決しなければなりません。権利関係が複雑な不動産の特徴を理解し、問題解決の糸口を探っていきましょう。被相続人の方が不動産を相続する際に、権利関係が複雑で対処できない。

超高齢化社会の日本では、こういった問題やトラブルに直面するケースは増えてきます。

そんな社会を生きる私たちは、権利関係が複雑な不動産について情報を収集し、いざという時のトラブルに対処できるように準備しておく必要があるのです。

権利関係が複雑な不動産とは?

権利関係が複雑な不動産とは?

さて、権利関係が複雑な不動産とはどのような不動産でしょうか。具体的には、遺留分を主張できる相続人が多い不動産のことです。

遺留分とは、次のような人が対象となります。

  • 配偶者
  • 子ども、孫などの直系卑属
  • 親、祖父母などの直系尊属

ですので、相続登記をせずに時間が経過すれば、対象者がどんどん増えて権利関係が複雑な不動産となってしまうのです。

共同相続人が多いと様々な問題が発生する

共同相続人が多い権利関係の複雑な不動産は親族間で様々な問題が発生します

相続登記をしないまま長い間放置されてしまった不動産は相続人が多いのが特徴です。そうなると、それぞれの利害関係が対立して手続きがスムーズに運ばれなくなります。

共同相続人が多く権利関係が複雑な不動産にはこうした問題があるのです。

関連記事:共同相続人が多い不動産を相続する際の問題点と解決策とは?

遺産分割協議がまとまらない

当然、不動産を売却して遺留分にしたがって現金で相続することが理想です。しかし、相続人の中に一人でも売却に反対する人が出てくれば不動産の売却はできません。

相続人同士で遺産分割協議をすると交渉が感情的になりスムーズに進みません。このような場合には、弁護士が代理人として交渉を取りまとめます。

遺言書の有無と内容によっては・・・

遺言書がある場合、その内容によっては権利関係が複雑化することがあります。例えば血縁関係者以外の人間に贈与させるようなケースです。遺言書に記載されているとはいえ、相続人と揉める可能性は大です。当然、遺言書がない場合の財産の処遇についてはドラブルに発展するケースが多くあります。

借家権が絡む不動産は手間がかかる

借家権が存在する場合も面倒です。相続不動産を売却し現金化して分配することを想定している場合は、入居者との立ち退き交渉が行う必要があります。

例えば、アパートでは満室稼働で利益も十分に出る場合はオーナーチェンジで済みます。しかし、空室だらけのアパートの場合、入居者に退去してもらい更地にしたいケースもあるでしょう。

そうした場合には、立退料を算定しながら根気強く交渉をしていく必要があります。

相続放棄をすることで債権者の差し押さえを免れる

一部の相続人が相続放棄を行うケースも当然あります。相続放棄をする理由は様々ですが、血縁関係が薄い相続人などが放棄することはよくある話です。

また、相続人に大きな借金があり返済が滞っているようなケースは要注意です。持分を債権者に差し押さえられてしまい、文字とおり「負動産」なってしまう恐れがあるからです。

そういった場合、きちんと話し合いをして相続放棄をするという判断も必要になるのかもしれません。

権利関係が複雑な不動産問題の解決方法とは?

権利関係が複雑な不動産問題の解決方法について

権利関係が複雑な不動産問題を解決するためには、専門家の力を借りなければ解決できません。これはどういうことかというと、どれくらいの相続人がいるのかを最初に把握しなければならないからです。

つまり、戸籍等の調査が必要になります。この作業は弁護士の職権を持って調査する必要があります。もし、相続人の代表者の記憶だけで相続人を決定した場合、後々取り返しのつかないことになりかねません。

例えば、遺留分割協議を終えて相続不動産を売却した後、新たな法定相続人が現れて反対表明をされたら大変なことになってしまいます。ですから、ここは専門家の力を借りて対処することが必要不可欠なのです。

なお、相続不動産を売却する際の手順については、別の記事でも紹介していますので、ぜひご覧下さい。

2024年の4月1日より不動産の相続登記が義務化されました。現時点では3年間の猶予期間がありますが、長いようで短いのが相続人との交渉です。ですので、この3年間は交渉のための猶予期間だと思って下さい。

早めに着手して問題解決に向けたアクションを取る必要があります。まずは、買取査定フォームより詳細をお聞かせ下さい。

    物件情報必須

    ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    あなたへのおすすめ記事