不動産相続

共同相続人が多い不動産を相続する際の問題点と解決策とは?

共同相続人が多い不動産を相続する際は細心の注意が必要です。

権利関係が複雑な不動産の一つに「共同相続人が多い不動産」があります。不動産を相続するタイミングで共同相続人が多すぎて対処できない。

このようなケースはよくある話です。

相続不動産に関する問題は今後さらに増えていくことが予想されます。いざというときのために情報をしっかり収集して対処できるように準備しておきましょう。

共同相続人が多い不動産とは?

共同相続人が多い不動産とは?

共同相続人が多い不動産とは、複数の相続人が共有することになる不動産のことです。具体的には次のような不動産が該当します。

住宅用不動産

住宅地やマンション、一戸建ての家など、住居として利用されている不動産です。特に家族が長年住んでいた家などは、多くの相続人が思い入れを持ちやすく、共有されることが多いです。

関連記事:相続した不動産ってどうすればいいの?どこに相談する?

農地

農業を営んでいる家庭で相続が発生した場合、農地も共有されることがあります。農地は経済的価値だけでなく、家業としての価値も持つため、相続人が多数いると分割が難しくなります。

商業用不動産

商業施設や店舗、オフィスビルなど、商業活動に利用されている不動産です。これらの不動産は収益性が高いことが多く、相続人が多数いる場合、収益の分配や管理についての意見が分かれることがあります。

未開発地

未開拓地とは、まだ開発されていない土地や将来的に開発が見込まれる土地のことです。このような土地も共同相続人が多くなることがあります。

特に都市部に近い土地やリゾート地などは価値が高く、多くの相続人が共有することになります。

別荘やリゾート物件

家族で利用していた別荘やリゾート物件も共同相続の対象になります。これらの物件は使用頻度が低いことが多く、管理や維持の負担について相続人間で意見が分かれることがあります。

トラブルが生じやすい共同相続人が多い不動産

共同相続人が多い不動産は、相続人全員の合意が必要になります。そのため、管理や分配においてトラブルが生じやすくなる少し厄介な不動産です。

問題を解決するためには、専門家の助言を受けることが重要です。また、生前に被相続人が遺言書を作成し、相続人間のトラブルを未然に防ぐことも有効的な手段です。

この後で共同相続人が多い不動産の問題点を整理し、その解決策を提示していきます。

共同相続人が多い相続不動産の問題点とは?

共同相続人が多い相続不動産の問題点とは?

共同相続人が多い不動産はどのような点において問題なのでしょうか。それは、自身が当事者になってみない限り分からないのかもしれません。

持分の決定が難しい

まず、持分の決定が難しくなります。相続人が多数いることで、各相続人の法定相続分を計算するのが複雑になるからです。特に、兄弟姉妹やその子供たちが多数いる場合は注意が必要です。誰がどれだけの持分を持つのかを正確に算出するのが困難になります。

意見の調整の問題

次に、意見の調整の問題です。相続人が多くいる場合、全員の意見をまとめるのが非常に難しいとされています。その理由は、遺産分割協議において、全員が合意しないと分割が成立しないからです。そのため、協議が長引いたり、親族間で対立が深まることも頻繁にあります。

不動産の管理や維持に関する合意が取りづらい

さらに、不動産の管理や維持についての意見が分かれることがあります。具体的には、利用を希望する相続人と売却を希望する相続人が対立する場合です。利害が真逆ですので対立します。

費用負担の不均衡

最後に、費用負担の不均衡があります。固定資産税や修繕費などの費用負担についても、相続人間で意見が分かれることがあります。具体的には、一部の相続人が費用を負担する一方で、他の相続人が負担を拒否する場合、負担の公平性が問題になります。

様々な解決策を通じて円満な相続手続きを実現しよう

様々な解決策を通じて円満な相続手続きを実現する

共同相続人が多い不動産には、様々な課題が発生しやすくなります。これらの問題を解決するためには専門家の助言や調整が重要になってきます。

専門家の助言を求める

基本的なことですが、やっぱり専門家の助言を求めることが重要になります。

弁護士、司法書士、公認会計士などの専門家の助言を得ることで、公平かつ合法的な遺産分割を行うことができます。

とりわけ、相続税の計算や法定相続分の算出においては専門的な知識が必要となります。

遺産分割協議書の作成

全ての相続人が合意した内容を明文化するために、遺産分割協議書を作成します。これにより、将来的なトラブルを予防することができます。

調停や仲裁の利用

遺産分割協議がまとまらない場合、家庭裁判所での調停や仲裁を利用することができます。第三者の介入により、公平な解決が図れます。

また、共有不動産の分割が難しい場合には、共有物分割請求を行うことができます。裁判所が介入し、物理的に分割するか、売却して代金を分割する方法が取られます。

遺言書の作成をしておくこと

最後に、生前に被相続人が遺言書を作成しておくことも有効です。

遺言書を作成することで、相続人間のトラブルを未然に防ぐことができます。また、遺言執行者を指定することも有効な手段です。

    物件情報必須

    ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    あなたへのおすすめ記事