不動産売買契約の条件

空室の多いアパートは売れる?アパートを売却するための方法

空室の多いアパートを売却したいけど今の状態だと売れないのではないか。空室をなんとかして埋めないとアパートを手放せない。古いアパートを相続したが賃貸経営に興味がない。

今回はこのような悩みを抱えている不動産オーナー様の疑問にお答えしてします。空室の多いアパートでも売れますのでご安心下さい。

空室の多いアパートを売却するなら地元の不動産業者に相談しよう

空室の多いアパートは本当に売れるのか?

何はともあれ、まずは地元の不動産業者に相談してみましょう。不動産買取業者がアパートを買い取る目的は2つあります。

  1. 買取再販することを目的とする
  2. 自社保有することを目的とする

これら二つの目的は、全ての不動産買取において共通です。しかし、買取再販、自社保有、いずれの場合も、空室を歓迎することがあります。それが、空室の多いアパートを社宅や寮として使うケースです。この場合、入居率がゼロに近い状態の方が喜ばれることもあります。

投資家目線で判断した場合は、利回りも低く魅力はありません、しかし、アパートは投資だけではないということも理解しておきましょう。

「社宅や寮として利用できそうなアパートを探している」

このような情報を把握している可能性の高い地元の不動産業者であれば、空室の多いアパートを喜んで買い取りしてくれます。

なお、地元の不動産業者の定義は以下の通りです。

  • 不動産買取を行っている業者である
  • アパートが住所と同一の市区町村になる不動産買取業者

つまり、千葉市のアパートであれば東葉ハウジングプラザに相談するといったイメージになります。

空室が多いと買取査定金額は低くなる可能性が高い

空室が多いと買取査定金額は低くなる可能性が高い

空室が多いアパートは不動産の収益性の観点から通常より買取査定金額が低くなる可能性が高いです。その理由は投資物件が生み出す収益性が低くなるからです。

収益性を高めるためにはその価値をバリューアップする必要があります。もし空室への入居付けを自ら行う場合は、広告料をはじめとする様々なコストがかかります。

入居率が高まれば査定金額は高くなるかもしれません。しかし、原価も上がりますので残る利益はその分圧縮されます。それであれば、不動産買取会社に入居付けを任せることを前提に売却交渉をしてみるのもアリだと思います。

不動産のプロが不動産売却時の税金対策について解説します

更地にすることを前提とした売却交渉を検討する

更地にすることを前提とした売却交渉を検討する

空室が多いアパートであれば解体するという選択肢もあります。土地が広ければ、宅地に分筆するだけでなく、マンションやアパート用地として活用することも可能です。選択肢があるため、様々な可能性を考慮して売却交渉ができると思います。

特に築年数の古い建物は簿価が低く、帳簿上価値がないものとみなされます。しかし、土地の価値は一定もしくは地域によっては上昇しているケースもあります。したがって、更地にして売却するという選択肢を視野に入れておきましょう。

空室が多いアパートの売却も十分可能です

このようなアパートも視点を少し変えることで売却は可能になります。空室が多いことを逆手に取ることで寮や社宅に使えます。建物が古くて空室が多いのであれば解体して更地にするという選択肢もあります。他にも様々な活用方法があると思います。

他社で断られたとしても、地域の事情を理解している地元の不動産会社に相談してみることでいい方法が見つかるかもしれません。

東葉ハウジングプラザは千葉市の不動産買取に強い不動産買取専門業者です。千葉市の不動産のことは当社にお任せ下さい。

    お客様情報

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    半角英数字でご入力してください。

    電話番号

    半角数字、ハイフン(-)なしでご入力してください。

    物件情報

    物件種別 必須

    1つ選択してください。複数ある場合は備考欄にご入力ください。

    現状

    物件所在地 必須

    番地までご入力してください。

    備考欄

      物件情報必須

      ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

      お名前必須

      メールアドレス必須

      あなたへのおすすめ記事