不動産売買契約の手続き

不動産売却の基本 – 安心して取引するために知るべき情報

不動産売却を検討している人は、自身の資産を適切に少しでもいい条件で査定してもらいたい。

このように考えているのではないでしょうか?

できる限り良い条件を引き出し、不動産売却の取引を完了させるためには、不動産売却に関する正しい情報を収集することが必要不可欠です。

業者からの情報だけでなく、自分自身で情報を収集しておくことで納得のいく取引につながる可能性が高まります。

不動産買取の定義

不動産買取における「買取」の定義について明確にしておきましょう。

買取とは、専門の買取業者が直接所有者から不動産を購入するプロセスのことを指します。

この方法では、仲介業者を間に挟むことがないため、取引が直接的に迅速に行われます。

買取のメリットとは?

  • 迅速な取引が可能:市場に公開することで行われる売却よりも早く取引が完了します。
  • 手続きの簡略化が可能:複雑な手続きが少なく、事務的なストレスが軽減されます。
  • 確実な売却が可能:市場の相場変動に左右されず、確実に不動産を売却できます。

仲介との違いについて

買取とは、不動産の買主と売主が直接価格交渉を行うことで売買価格が決定され、取引が行われます。

仲介とは、買主と売主の間に入る業者のことで、仲介者が様々な業者に対して不動産情報を提供し、最もいい条件で取引を完了させる役割を果たします。

どちらもメリット、デメリットはありますが、その大きな違いは価格とスピードです。

通常の売却では市場の需要等に応じて時間がかかる可能性がありますが、買取は迅速な取引を可能にします。

買取業者の選び方

不動産売却で失敗しないためにも買取業者選びは慎重に行う必要があります

信頼できる業者の特徴

  • 実績:取引の実績が豊富である。
  • 透明性:取引の全過程が透明で理解しやすい。
  • 顧客評価:以前の顧客からの高い評価がある。

これらは、買取業者のWebサイトGoogleマップに記載されているレビューなどを確認することである程度の情報を得ることができます。

良い業者の見つけ方

良い業者の定義は人によって異なると思いますが、今やインターネットを通じてレビューなどをチェックすることができますので、積極的に確認するといいでしょう。

  • 口コミ:既存の顧客の経験談を参考にする。
  • 業界評価:業界内での評判や評価を確認する。
  • オンラインのレビュー:インターネット上のレビューと評価を確認する。

また、売却したい不動産の所在地にある地場の不動産買取専門業者に相談することで、リスクの大部分を回避することができると思います。

避けるべき業者の特徴

また、これらの特徴がある不動産買取業者は売却先候補からは極力外すべきです。

  • 不透明な取引:取引の詳細が不明瞭であること。
  • 過度な低価格提示:市場価格よりも極端に低い価格の提示をする業者。
  • 地域性を熟知していない:全国無料査定、実績外の地域の不動産である場合。

あなたが不動産の売却を検討する場合、地場の業者に相談することを優先して下さい。

不動産は地域に根ざしたビジネスです。

その地域で長年商いをしている業者の方が地域性を理解していることは言うまでもありません。

最低でも10年以上。できれば20年以上、当該地域で事業を展開している業者に相談することを推奨します。

不動産売却の流れについて知っておこう

初めて不動産売却を検討する方は、不動産売却の流れについても知っておくとよいでしょう。

ここでは一例として、東葉ハウジングプラザの不動産買取の流れをご紹介します。

STEP1:不動産査定申し込み

初めに査定の申し込みを行います。

フォームからの申し込みは「無料買取査定」より行うことができ、お電話で査定申込みをすることもできます。

STEP2:不動産の査定

次に不動産の査定を実施します。

千葉市内の不動産であれば、瞬時に査定金額を提示することも可能です。

提示された金額をご確認ください。

STEP3:必要な書類と手続き

査定金額にご納得いただけた場合は、不動産売買契約書の締結を行います。

STEP4:決済(売却金額のお振込み)

指定の期日までにお客様の銀行口座に買取金額をお振込みいたします。

STEP5:売却完了

不動産の買取は一般的に数週間以内に完了することが多いですが、物件種別や状態などによって変動します。

以上が基本的な流れになります。

当社の場合、千葉市の不動産であれば瞬時に査定金額を提示することも可能ですが、物件によっては現地訪問をし直接確認させていただく場合もございます。

買取価格について理解を深めよう

不動産の買取価格については、ある程度ルール化されていて相場も決まっています。

この相場感についてある程度理解しておくことで、売主側も査定金額における判断に困ることはありません。

価格が決まる要因について

不動産の価格は、以下の要件の掛け合わせによって決定されます。

  1. 土地(立地)
  2. 建物の状態
  3. 市場の状況
  4. 収益性(収益不動産の場合)

土地価格の評価は路線価が一般的

土地価格については、路線価による評価が一般的です。

路線価は、道路に面する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額(千円単位で表示)のことです。

一般的に相続税の算出時における不動産評価に使われます。

インターネットでも調べることができ「全国路線価マップ」などを活用することで簡単に調べることができます。

建物の状態は築年数で判断される

建物の状態については、築年数によって判断されます。

築年数の古い建物については、金融機関の融資が難しく次の購入者が限定され、商品として扱いづら苦なります。

その際に行われるのが建物の解体やリフォームです。

これらの費用が発生する不動産は買い叩かれやすい傾向にあるため、査定金額にあらかじめ織り込んでおいた方が無難です。

地域の市場性に着目する

また、当社の専門エリアである千葉市中央区については、ほとんど関係はありませんが、地域によっては、高齢化や人口動態についても意識しておく必要があります。

これは、明らかに高齢化の渦にある地域や将来の人口動態が明らかに大幅マイナスの地域については、買い叩かれる可能性が高いので注意が必要です。

収益不動産はその収益性に着目する

最後に、収益物件に限定される話ですが、収益性についても価格に反映されます。

これは、不動産収入によってお金を生み出す投資商品として判断した場合、空室が目立つアパートについては魅力を感じないからです。

お金と時間を使って、入居率を高めていく必要があります。

市場価格との比較

買取会社と仲介会社との間では、査定金額に大きな隔たりが生じる場合があります。

買取専門業者に相談する場合は、市場価格よりやや低いが取引の迅速さと確実性を重視します。

逆に、仲介会社に相談する場合は、時間がかかってでも理想の価格で不動産を売却したいケースです。

価格交渉のポイントとは?

価格交渉のポイントして、複数の業者に相談することも必要になります。

複数の業者から査定金額を提示してもらい比較検討することで、いい条件を引き出すことができるかもしれません。

ただし、過度な価格交渉は相手の意欲やサービス品質の低下につながる可能性もあるため、注意が必要です。

売却時における税金と法律

不動産を売却するにあたり、

5.1 売却時の税金

  • 譲渡所得税
  • 固定資産税

5.2 法的規制と義務

不動産取引に関する法律や規制を理解することが重要。

5.3 トラブル防止のために

契約内容の確認と専門家の意見を参考にする。

買取後の流れについて

最後に、不動産売却後の手続きについて紹介します。

売却後に支払う税金

不動産売却後の年末には確定申告を行う必要があります。

売却金額は譲渡所得に該当するため分離課税の対処となります。

そのため給与所得などの他の所得と区分して計算する必要があるのです。

所有権の移転

売却後に所有権移転の手続きを行います。

所有権移転手続きは、基本的に売却先の事業者が行なってくれますが、きちんと移転がされていることを確認しましょう。

長期的視点での不動産計画も重要

不動産売却を長期的な資産計画の一部として考慮することにより効率的な資産運用が可能になります。

その資金を元手にして、別の収益不動産を購入したり、新たな資産運用を開始することも可能です。

長期的な視点で不動産投資を検討することも重要ではないでしょうか。

千葉市中央区で不動産売却を検討するなら東葉ハウジングプラザまでご相談下さい。

不動産の売却先を選ぶ際に重視するポイントとして次のことを重視する人が多いようです。

「地域性を熟知していて適切な査定をしてくれること」

売却は地場の買取業者に相談するべきだという、不動産売却のセオリーがありますが、それは間違いありません。

東葉ハウジングプラザは、千葉市中央区の不動産の目利き絶対の自信を持っています。

査定だけでも結構です。

まずはお気軽にご相談いただければ、満足のいく対応をさせていただきます。

    物件情報必須

    ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    あなたへのおすすめ記事