不動産売買契約の手続き

【ケース別】自宅売却の方法についてご紹介します

自宅売却の方法はいくつかの選択肢があります。しかし、状況に応じて正しい売却方法を選択しなければなりません。それが自宅売却を成功させる秘訣になります。

例えば、売却の優先順位が「即現金化したい人」と「高く売りたい」という人では相談先は異なります。さらに「問題を解決したい」という人や「遺産分割協議も取り付けたい」という人は、より専門性の高い不動産業者に相談する必要があるのです。

とにかく自宅を早く売却したいという人

何らかの事情があり自宅を一日でも早く売却したいという人の相談先は買取業者になります。買取業者は、不動産を直接買い取ってくれる会社です。

Webサイトやお電話で買取査定依頼をすれば、早急に対応してくれます。築古の建物付きの土地であっても問題ありません。建物を活かすか壊すかを見据えた上で買取査定をしてくれます。

もし自宅を売却する意志がある場合は、売却の期日(いつまでに売りたいのか)も相談してみるとよいでしょう。

できるだけ自宅を高値で売却したい人

急ぎではないが自宅を高値で売却したい人は、仲介業者に相談するのが一般的です。仲介業者側も高く売却できれば、仲介手数料収入が増えます。ですので、まずは市場価格の高いラインで市場公開するのが一般的です。

また、仲介契約は3ヶ月単位での媒介契約を締結するのが一般的です。3ヶ月で契約を獲得できるように戦略的に動きます。

ただし、高値で市場に販売したからといって高値で売れるという保証はありません。時間の経過とともに、販売価格を下げて、手数料を支払い、時に解体費用などを負担することもあります。結果的に買取査定金額よりも手取りが下がってしまうケースもありますので十分注意が必要です。

不動産の所有者が認知症の疑いがあるケース

所有者に認知症の疑いがある場合は、できる限り早く不動産を売却をする必要があります。そして、症状が深刻化する前に売却を行わなければなりません。

その理由は症状が悪化して物事の認知ができなくなると、裁判所で成年後見人とするための手続きが必要になり、非常に時間がかかります。

そうなると売却の手続きにかかる時間が長引き、取引が円滑に行えなくなってしまいます。

「仲介から買取、土地面積も増え放置された土地を売却した事例」を紹介します。

東葉ハウジングプラザの不動産買取事例-Case4

相続人が多い不動産の売却

過去に相続登記が行われておらず、相続人が多くなっているケースがあります。中には、20-30名の相続人がいらっしゃる複雑なケースもあります。

当社でも相続人が30名以上いらっしゃる不動産売却を対応させていただきました。

このようなケースでは、買取会社と直接相談することで取引が円滑に進みます。間に専門家を招聘し、その職権によって、相続人の身元を特定する作業から始めます。そして、身元が特定できたら、一人ひとりと交渉をするという骨を折るような作業を行わなければなりません。

「30名以上の相続人がいる遊休地の売却相談」を解決した買取事例を紹介します。

東葉ハウジングプラザの不動産買取事例-Case1

離婚による財産分与のために不動産を売却するケース

離婚による財産分与のために不動産を現金化するケースも少なくありません。このようなケースでは、感情が優先してしまう傾向にあります。一日も早く自宅を売却して”諸々綺麗さっぱり終わらせたい”というのが正直なところだと思います。

こうした状況では、いつ売れるか分からない媒介取引よりも、確実に自宅を売却できて、期日の目処がわかる不動産買取業者に相談するケースが圧倒的に多いです。

ただし、自宅をいずれかの所有権にして上手く財産分与するケースもあります。

戸建て用地をアパート用地に転嫁して売却するケース

少々広めの土地であれば、アパート用地にして高値で売却できる可能性もあります。地元の不動産買取業者の強みの一つに地域の特性を熟知している点があります。

通常、戸建用地として想定されていた。しかし、よくよく冷静に考えたら「アパート用地としていけるのではないか!?」こういった発想ができます。

地域性や市場性、そして賃料相場を熟知していることで発想の転換が容易にできるからです。そして結果的に事業者も売主もWin-Winの関係が構築できます。

「戸建て用地をアパート用地に査定変更することで高値で売却が実現」した事例を紹介します。

東葉ハウジングプラザの不動産買取事例-Case3

    物件情報必須

    ※物件種別、物件の所在地を入力してください。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    あなたへのおすすめ記事